hip

ヒップは20代からでも垂れる年齢とともに、ヒップの形も変化する

実は後ろからかなり見られているのがヒップライン。丸みを帯び、ヒップトップの位置が高い立体的なヒップは、後ろから見た時にとても魅力的に見えます。そのヒップも20代後半から形が崩れてきたり垂れて太ももの境目がなくなってくる、という人も。たるんだヒップラインでは、年齢以上に老けて見られてしまうので後ろ姿には自信を持っていたいものです。 ヒップが垂れる原因としては、年齢を重ねるとともにヒップの筋肉である大臀筋が衰え、筋肉と脂肪を繋ぐ結合組織がゆるみ、結果的に脂肪が垂れ下がってしまうことにあります。それでは、年代別にヒップの変化を見てみましょう。

20代:丸を帯びたヒップトップが高い立体的なヒップ
30代:ヒップの下部分の筋肉が衰える
40代:ウエストや腰部分に脂肪がつきヒップ全体が下がり四角尻に
50代:ヒップの外側の肉がそげ付根部分に脂肪が流れる

年齢を重ねるに従って確実にヒップは垂れていきますので、下垂の進行を遅らせ、形のいいヒップをキープするためにヒップの筋肉である大臀筋を日常的に鍛える必要があります。日常的に鍛えるには、エクササイズの時間をわざわざ取った上で行うのが一番なのですが、毎日忙しかったり、運動が苦手だとなかなか行動として起こせないもの。そんな人におすすめなのが、日常生活の中でちょっと意識を変え「ながら」できる簡単ヒップアップエクササイズ。今日から早速トライして、たるみのあるヒップが解消された美尻を目指しましょう。